会長からのごあいさつ

写真
平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

 去る平成28年5月22日福井県臨床工学技士会総会において第4期理事が選任され、その後の理事会で会長を拝命しました。
 福井県臨床工学技士会は平成8年に県内の有志が集まり33名で設立されました。平成22年には一般社団法人として再設立し、現在110名強の正会員が所属しております。
 臨床工学技士業務は、約30年前に生命維持装置(主に人工心肺装置、人工透析装置、人工呼吸装置、高気圧治療装置など)の保守点検と操作という業務から始まりました。 しかし医療の日々進歩や機器の複雑化・専門性から求められる業務も変化し、医療機器管理業務・ペースメーカ/ICD業務・集中治療業務・心血管カテーテル業務・手術室業務と次々に追加され、業務指針も変更されながら今日に至っております。
 その中で当法人は臨床工学技士の職業倫理を高揚するとともに、学術技能の研磨及び資質の向上に努め、延いては県民の福祉、医療の普及発展に寄与することを目的として活動しています。
 今後とも会員及び賛助会員・関係各位のご指導・ご支援賜りますよう、よろしくお願いします

一般社団法人 福井県臨床工学技士会 会長 五十嵐 茂幸